ベビーベッドなどで赤ちゃんを守る~可愛い我が子のために~

水を考える

赤ちゃんとミネラルウォーター

最近では一般の家庭でも市販のペットボトルのミネラルウォーターを購入することが多いようです。 先だっての震災で起きた電力会社の事故のために空気や水などの自然が汚染されたことや、環境破壊を心配する方もいらっしゃるでしょう。また水道水への不信感を持たれる方も少なくありません。 子育て中のお父さん・お母さんが、健康な成人以上に健康に気を遣わなくてはいけない赤ちゃんのミルクや飲み水に神経質になるのは仕方のないことだと言えるでしょう。 しかし残念ながらお金をかけて手に入れた市販のミネラルウォーターが、必ずしも赤ちゃんの体に良い訳ではありません。 一般的に体に良いとされているミネラルは、小さな赤ちゃんの体には大きな負担になる可能性があるのです。

ミルクに最適なお水とは

何事も過剰に摂取するのは良くないことですが、消化器官が未発達な赤ちゃんには、なおさら注意が必要です。 たとえばカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている外国産の「硬水」は避けた方がよいでしょう。 これらのミネラルをはじめとした赤ちゃんに必要な栄養素は、きちんと計算された上で粉ミルクの中に含まれています。ここに水に含まれているミネラルが加わると過剰摂取になり、赤ちゃんの胃腸には負担になってしまいます。 赤ちゃんのために水を選ぶときは「国産」であることと「軟水」であることを確認してください。「天然水」なども判断の基準になるでしょう。 育児中の買い物はかなりの大仕事ですから、ウォーターサーバーの導入を検討されても良いかもしれません。

Designed by CSS.Design Sample