ベビーベッドなどで赤ちゃんを守る~可愛い我が子のために~

赤ちゃんの肌を守る

ベビーローションの豆知識とは

「ベビーローション」とは、新生児や乳幼児向けに製造・販売されている保湿剤です。似たような商品に「ベビーオイル」がありますが、こちらは主に、耳掃除や食事時の口周りのかぶれ防止、綿棒浣腸などの部分的なケアに利用するのに対し、「ベビーローション」は、主に全身の保湿ケアで使用するのが一般的です。 これらの「ベビーローション」には、様々なメーカーが開発したものが存在しますが、それらの殆どが保湿をメインとしたものであり、美白効果などの成人女性などに必要な効果は付加されていません。 また、新生児や乳幼児の肌は成人に比べると、とても薄く敏感である為、香料や着色料などが無添加で、低刺激な成分で製造されているものが多いのが特徴です。

工夫することで得られるメリットとは

近年の研究では、肌の乾燥とアトピー性皮膚炎やアレルギーには関連性があることが分かってきています。乾燥などでバリア機能が低下している肌から、食物などの蛋白質が吸収されると、食物アレルギーが引き起こされる一因となるのです。その為、新生児のころからのしっかりとした保湿は、赤ちゃんのアレルギー予防やリスクの軽減にも効果が得られるといわれています。 このように肌の潤いを保つのみに留まらず、とても大切な保湿ですが、「ベビーローション」等でケアをする場合、正しい方法でケアをすることが必要です。まず、「ベビーローション」を使用する前は、清潔な手で行なうことが理想的です。また、赤ちゃんの肌はとても薄く水分を失いやすいので、一日に数回保湿をすることが必要です。オムツ交換の際同時に「ベビーローション」を塗るなどの工夫をすると、しっかりと潤いを保つことができます。

Designed by CSS.Design Sample